ブログトップ

annasの刺しゅう教室

annas.exblog.jp

タグ:刺繍 ( 2 ) タグの人気記事

アンナとラパン分室・西宮9月

2017年9月16日(土)17日(日)
場所: 兵庫県 JR甲子園口
時間:(それぞれ3時間ぐらい)

ご予約は8月27日18時~募集開始いたします。
予約システムの方からお願いします。


27日18日~公開となります。

16日(土)パーキング満席 
①11時~ 
②12時~ 
③13時~ 

17日(日)
パーキング満席 
①11時~ 
②12時~ 
③13時~ 

※お車でお越しの方はうちの家の前に2台までならとめられます。
先着順です。
お手数ですが、annasnsa@gmail.com までメールください。
近くにもパーキングはあります。




お茶をのみながら 「今日は何に刺しゅうしようかな~」なんて、

のんびりと刺しゅうしてみるのはいかがでしょう?

メニューは皆さんが決めます。

●とりあえず、刺繍をはじめたい人。

●東京の教室は遠くて行けないという人

●どうしても、このお洋服に刺しゅうしてみたいけど一人じゃ不安な人。

etc・・・・・・



a0129151_17372424.jpg





++++++++++++++++++++++++++++



<内容>

時間 : 3時間ぐらい

参加費 : 3500円(お茶、お菓子代含む)

材料費 : その場で、お好きなパーツ等をご購入いただきます。だいたい1000円ぐらい。持ち込み可。
(携帯ミラーやブローチ台など その時ある在庫を持っていきます)

図案 :  annasの図案からお選びください。
(著書以外の図案は事前にご連絡ください)



++++++++++++++++++++++++++++



★お申込み方法

予約システムに

お名前・お電話番号・メールアドレス
をご記入の上、備考欄に刺繍したいものの内容をお書きください。
(以下の番号をお願いします)

① 会場で決めます。
(図案の選択肢は annasの著書からになります)

② 過去の○○という本に載っていた図案を刺繍したい。


++++++++++++++++++++++++++++++


★場所

『Bread Club Peach』

兵庫県西宮市天道町9-5  

JR「甲子園口駅」北口より徒歩7分

☎(FAX) 0798-20-8420 (シシド)
電話番号は、住宅と兼用です。


地図




入り口はこんな感じです。
いらっしゃいましたら、チャイムを鳴らしてください。


[PR]
by annasocha | 2017-08-17 13:08 | 刺繍教室・神戸 | Trackback

刺繍のQ&A

質問をいただいたので答えてみました☆


+++++++++++++++++++++++++++




1.布はなんでもいいのですか?どんな布をつかいますか?

刺しゅう用の布というのがあるのですが、基本的になんでもOKです。

刺しゅう しにくい物は、安いリネンや薄い生地、帆布のような固い生地、伸縮性のあるもの。
刺しゅう しやすいのは、綿。
安い綿でも、刺しやすいのいっぱいあります。





2.枠の大きさ、便利なのはどのくらいですか?

私は8cmの枠を愛用しています。男性だったら10cm?です。
大きいと作業の時大掛かりになるのと、布がたわみやすいので、仕上がった時布がつりやすいです。






3.針は先のとがったものですよね?

もちろんです☆「フランス刺しゅう針」を使ってください。
極端な話、どんな針でも刺しゅうできますが、針はちゃんとしたものを買った方が仕上がりがきれいです。
1セット400円ぐらいで買えます。

刺しゅう糸の本数によって針の太さが変わるので、パッケージに書いてあるのでそれを参考に買うといいです。
ちなみに、先が丸いのはクロスステッチですね。

お問い合わせが多いので初心者キットを作りました。



道具のみ欲しい方はこちら




4.糸はDMCをたくさん持っているのですが、代用できますか?

25番刺しゅう糸というのが、こういう刺しゅうに向いています。
DMCはメーカー名で、他にアンカーやcosmo、オリムパスなどの会社があって、25番刺しゅう糸を出しています。
番号が大きくなると太くなります(他に5番や3番というのがありますがレース糸みたいに太いです)

メーカーによって質感(光沢がある、マットなど)や太さ(ものすごくちょっとの差なのですが)がちがうので、自分の好みの会社を選ぶといいと思います。

DMCは光沢があってちょっと太めなので、1本どりの刺繍の時扱いやすいです。

今回紹介したcosmoは マットな質感で、糸が柔らかいです。色みもアースカラー多めです。




5.刺し始める場所はどこでもいいのでしょうか?

私の刺繍の場合は、刺しはじめが決まっています。
本にも図案にもかいていますが、それはモチーフそれぞれすべて決まっていて、なぜそこから始めるのか全部理由があります。

刺しやすいとか、バランスがとりやすいとか、きれいに刺せるという理由なのですが、だいたい顔のあるものは顔から、お花は花から刺しゅうします。

目線を考えた時、他の人から見たら一番に目に付く場所を決めてしまってから、それを基準にバランスを取りながら刺しゅうしていきます。

[PR]
by annasocha | 2014-12-29 20:02 | 刺繍のコツ | Trackback